十五食限定の定食

毎日、変わる日替わりの定食は
一日で限定十五食。
「新しい」をテーマに
お客様に豊かな時間をお約束します。

神戸、昭和の一角

築七十年以上の古民家を
フルリノベーション。
兵庫区下祇園町の裏路地で
平の茶房はひっそりと佇んでいます。

歴史と進化が交差する街

一一八〇年、平安時代の末期に
平清盛が計画した幻の都、福原京。
その拠点として平家が選んだのが
兵庫区平野町です。

ブログ

2020.07.13 2020.07.14 2020.07.15 2020.07.16

【古民家再生日記 着工1日目】はじまりはいつも雨

初めてこの物件に出会ったのは2018年12月のこと。たまたま通りかかった下祇園町の裏通りにポツリと佇んでいた古民家。何年も人が住んでいる様子はなく、ほとんど廃墟と化していた物件でしたが、どこか愛らしい佇まいに私たちはた...

【古民家再生日記 着工2日目】土壁を味わい尽くす

着工2日目。本日も生憎の雨。「かんかん照りより雨が降ってた方が作業はしやすいからなぁ」という「大工」さんの気休めも虚しくなるくらいの横なぶりの雨。梅雨はいつ明けることやら…。 雨が降っていても工事は休みません。初日の作...

【古民家再生日記 着工3日目】24枚の畳を運ぶ…

着工3日目。初めての晴天に恵まれたこの日。工事現場に新しい仲間が加わりました。 首振り扇風機です。この存在感たるや、本当に現場が一気に明るk…いや、涼しくなりました。「土壁」の解体作業で発生する細かい「土」が宙に舞うの...

【古民家再生日記 着工4日目】1階から2階を見上げると…

工事が始まって4日目。腕は相変わらずパンパンです。疲労も感じています。しかし不思議なもので朝8時前になると勝手に目が覚めます。身体が「大工」仕様に順応してきている、と感じています。今、私が住んでいる家から現場(下祇園)...

お知らせ

お知らせ一覧

限定十五食の
日替わり定食

料理

平の茶房では毎日メニューが替わる
十五食限定の定食をご用意しております。
他にも週替わりのカレー定食、
デザート・ドリンクなど。
十七時以降はアルコール飲料と一緒に
一品メニューも提供いたします。

定食メニューは毎日替わる五品から六品 (白飯、主食、汁もの、主菜、副菜)をご用意。店舗から徒歩十五秒の峰松商店様より新鮮な野菜を仕入れています。献立も野菜が美味しく頂けるように工夫が凝らされています。

定食メニューとは別で週替わりのカレーも数量限定でご提供しております。「他店では提供していない一風変わったカレー」をテーマにオリジナルのカレーをご用意しました。カレーは「お持ち帰り」も可能です。

十七時以降は「平の茶房」は「平の酒房」として営業。アルコール飲料と一緒に一品メニューもご提供しています。一品メニューは全十種類。ドリンクは全二十五種類をご用意しております。

お食事 詳細

築七十年以上の
古民家を
リノベーション。

お店

平の茶房は平野の路地に
ひっそりと佇む、
小さな古民家を改装した
隠れ家的な和カフェです。

プロジェクターで80インチの映像を投影

平の茶房ではお食事と一緒に映画鑑賞やスポーツ観戦もお楽しみいただけます。座敷なのでお子様連れのお客様も歓迎。子供用アニメもプロジェクターで投影いたします。

店舗 詳細

神戸の一角で
昭和を歩く

平野

神戸のB面。
都心にありながら、今もなお下町の風情を多く残す
情緒溢れるエリア「平野」をご紹介いたします。

かつて平清盛が住んだ街「平野」

「平野と言えば平清盛」と言っても過言ではないほど、街中に平家の息吹を感じることができます。平清盛も湯治に訪れていたと言われている湊山温泉は街の人々の憩いのスポット。

平野市場